クレジットカード現金化 被害ってなに?被害の意あったらどうすればいい?

このごろでは、インタ-ネットなどでもよくみかける、「クレジットカ-ドの現金化」実際は闇金と取引をしてしまうことになることに気がつかず、いつのまにか、法にふれてしまっている、人が多いようです。特に多重債務者のようなひとにとっては、どこからも借り入れできず、そこをわかってやっているのが現金化業者です。

クレジットカ-ド現金化の被害の例

①インタ-ネットなどのサイトにてみた、換金率が大幅に低く、キャンセルをしようと頼んだが、多額のキャンセル料を請求された。
②取 引をすると自宅にDMや電話などが頻繁にくるようになり困ってしまうことになります。
③クレジットカ-ドで購入後、振り込まれるはずのお金が一円も振り込まれず、現金化業者との連絡がとれなくなってしまいました。

クレジットカ-ド現金化の被害にあった場合の相談先

①警視庁総合相談センタ- 電話番号:#9110  (03-3501-0110 でもOK)
②消費者センタ-     電話番号:0570-064-370
③法テラス        電話番号:0570-078-374 (PHS・IP電話からは03-6745-5600)
④弁護士、司法書士、行政書士

今後の生活のためにも、まず勇気をだして、誰かに相談を・・・

最初はお金に困ったとしても少ない金額、逆に少なくて貸してってはずかしくて言えない。だから、ついつい笑顔で迎えてくれる業者にひかれてしまいます。人に相談できない、言えない、気がつけば闇金に、そんなこと話せない、でも話をしなければ、解決はできないです。やむおえず、「クレジットカ-ド現金化」などで、闇金と の取引に手を だしてしまった場合、すみやかに相談できるところに行き今後のそうだんをされることを、お勧めいたします。専門の人にきいてもらうことがやはり、解決策につ ながること になります。素人考えで動くには危険なことですのでぜひ、電話相談を利用してください。

クレジットカード現金化レボリューションTOPへ

△PAGE TOP