闇金とクレジットカード現金化、行くならどっち?

貸金業法の改正により、総量規制が導入され年収の3分の1を超える借入ができなくなりました。これによって、銀行カードローンは総量規制がないのにも関わらず、消費者金融から少し借入をしているだけで銀行は融資しない、消費者金融は総量規制で融資しないといった歪な現象が起き、満足に借入を出来ずに闇金に流れている様です。闇金とクレジットカード現金化、行くならどちらの方がいいのでしょうか。

闇金に行かないほうがいい理由

実は意外かも知れませんが、闇金の被害顧客数は年々減少しており、ここ数年間で4分の1以下に減っているのです(平成20年 141,394人→平成24年31,528人)。これは警察の捜査が強化されたというよりも、貸金業法改正により半闇金化していた小規模消費者金融が廃業した事から、大手消費者金融に一極集中し、闇金と消費者金融の見分けがはっきりとした事が要因と言われています。
しかし、反面一人当たりの闇金被害額は大きく増加し、倍近くになっています。闇金というと2万円くらいの小規模融資が普通でしたが、現在では100万円を超す大金を貸す所がある様です。『闇金は違法なので返さなくていい』『懲役覚悟で取立てする闇金なんていない』というのははっきり言って昔の温い闇金の感覚で、現在は気合の入った闇金のしか残ってませんので一度借りたら最後、自己破産しようが返済しようが次から次へとイチャモンをつけ、生活を無茶苦茶にされるでしょう。

クレジットカード現金化の方がいい理由

クレジットカード現金化の違法性は全くありません。にも関わらず、消費者金融の様に審査もありませんし、返済期間を長くすると金利面では闇金と比べ物にならないくらい安くなるどころか、消費者金融とそんなに変わらなくなるといった利便性もあります。
個人情報の麺から見ても、闇金よりもクレジットカード現金化の方が比較にならない程安全で、金利も安く使う事が出来ます。

闇金とクレジットカード現金化まとめ

闇金と一度付き合いが出来ると、彼らは一生付きまといます。漫画で描かれている様な甘い世界では無いのです。消費者金融から借りれず、お金に困った時はクレジットカード現金化、普段からその様な事態に陥らない様にカードを何枚か持っておくなど用意周到に準備しておきましょう。

資金調達のレボリューション!クレジットカード現金化を使ってみよう

クレジットカード現金化をまだ使った事の無い人はどんな手続きが待っているのか不安に感じている人も多いと思います。もしかすると現金化がすぐに手に入る事から、キャッシングやカードローンと同様の手続きを踏まなければいけないと考えているかもしれませんね。

実はクレジットカード現金化の手続きはもっと簡単に出来るんですよ。まず現金化を利用するためには業者を選び、その際に使用可能なクレジットカードの種類を確認して下さい。これは業者によって使えるカードの種類が異なるためで、電話などで必ず確認しましょう。

使えるカードの種類が分かったら次はショッピング枠の残りを確かめます。利用残高がそのまま現金化可能な限度額になります。多くのクレジットカードやカードローンの申し込み手続きはオンラインで完結するようになりましたが、いざ融資を受けようとすると審査に時間を要したりカードを受け取る必要があるケースもあります。

即日融資と言っても実際に融資されるのは数日後なんて事もよくある話です。ですが現金化ならばオンラインで面倒な手続き全て完了し来店する必要も無ければ確実に即日で現金を受け取る事が出来ます。

現金化の申し込みに関しては業者のホームページから申し込みフォームに名前、メールアドレス、電話番号、希望金額など必要事項を入力し送信します。パソコンだけでは無くスマホ、携帯、タブレットからでも申し込みは可能です。

多くの場合送信後に業者から電話連絡が入り、申し込み内容の確認と身分証明書の提示を求められます。電話確認が終わると商品の購入手続きに入りますが、この時に不安な事があれば必ず質問し業者の対応によっては利用を見送る事も検討しましょう。特に問題が無ければ商品の決済や納品方法などをしっかり確認し滞りなく手続きを完了して下さいね。

クレジットカード現金化の優良店はどうやって見極めればいいの?

業者を使ってクレジットカードを現金化するのであれば、まず何よりも優良店を探すことが先決です。昨今ではさまざまな現金が業者がありますが、中には悪質な営業を行っている業者も少なくありません。誤って関わりトラブルに巻き込まれないように、安全に現金化できる優良店をじっくりと探していくことが何よりも重要になります。

業者のホームページをじっくり観察

現金化業者のホームページが丁寧に作られているか隅々まで観察をしてください。こうした現金化サービスの売りは来店不要で申し込みができるというところであり、優良店であれば利用者の窓口となっているホームページの作りをわかりやすく綺麗に仕上げようと努力をしています。逆に、集客のために力を入れていない印象を受ける業者は、不正行為を働き、名前を変えて転々としているためにホームページの作りも甘くなっているケースが多いので要注意です。
しっかりと作り込まれており、なおかつ会社の概要や所在地、代表者、固定電話番号などの連絡先がきちんと記載されていることが最低限求められます。念のためネットを利用して所在地に業者が実在するかも確認しておくことのがおすすめです。
また、営業年数が長い業者ほどそれだけ同業者名で安定した実績を積み重ねてきたということになりますので注目しておきましょう。

ランキングや口コミサイトの評判をチェックする

利用する業者を選ぶにも店舗数は相当あります。そこで優良店ランキングサイトやレビューサイトを参考にして、登場する回数の多い業者を選ぶのも一つの方法です。少し調べるだけでも高評価を得ている業者は絞られていきますので、その中から比較検討して取り引きするところを選びましょう。
利用者の多い業者は口コミもかなりの数が集まりますので、さまざまな意見が見られます。そうした店舗を比較検討できるのもこのようなまとめサイトの便利なところで、どのように優れている点があるのかも見比べることができます。
換金率が高い、即日振り込みされる、オペレーターの対応がいいといった感想を見て、自分が求める条件にあった店舗に問い合わせるようにしてください。

まずは相談をしてみよう

気になる業者を見つけたら、まず実際にコンタクトを取ってみてください。オペレーターの対応がしっかりとしてくれるか、現金化手続きの際の不明な点を明確に説明してもらえるか、その上で優良店と判断できてから申し込みをするのが安全です。

全ての借入の中で他を圧倒!一番熱いクレジットカード現金化

クレジットカード現金化がここ数年、一番熱い借入方法として大きな注目を浴びているのを皆さん知っていますか。私も最初は怪しいイメージしかありませんでしたが、いざ利用してみるとクレジットカード現金化は現金を取得するという点では今一番熱い現金取得方法と言えると思ってます。

お金に困って借りたい時、殆どの人が思い浮かべたのは消費者金融でしょう。しかし、消費者金融は法規制の引き締めにより完全に終わってしまった媒体ですので、お金に困った時の選択肢としては捨てるのが正しい選択です。

法規制により、年収に対し貸し出せる上限が決められた上、契約不履行時の罰則的な金利も20%の上限が決められました。こんな超低金利では罰則の意味が全くありませんから、必然的に消費者金融の審査に通る人は、月々の支払いが完璧にできる様な金融資産や大きな年収を得ている人だけとなりました。いうならば旅行に行くので定期預金はあるけど崩したくないのでちょっとお金が借りたいという人の為の借入、お金に困っている時点で門前払い、それが現在の消費者金融の審査基準なのです。

そんな中、消費者金融の様にお金に困った人を断らず貸す&消費者金融よりも圧倒的に早い1時間以内の着金が確認でき、深夜でも対応可能&消費者金融と変わらないかそれ以下のコストしかかからない熱い借入方法があります。それがクレジットカード現金化です。

クレジットカード現金化は消費者金融が法規制により埋没凋落するなか、今一番熱い借入方法として注目されています。審査もなく、スピードも早く、その上ポイントや分割手数料の関係で消費者金融から借りるより安い、こんな熱い借入方法は今後出てくる事はないとさえ思います。
この熱い借入方法のクレジットカード現金化、全ての借入方法を圧倒してますので是非試してみると良いでしょう。

ブラックでも正月でも借りられる!クレジットカード現金化レボリューション

先日初めてクレジットカード現金化を利用した時、長所と短所がわかり、これはレボリューションと呼べると感じましたので皆さんにもご紹介します。

先ず長所ですが、クレジットカード現金化は審査が要らない、信用情報不問というのは物凄く大きいです。私は消費者金融1社で滞納を続けているので、巷で言われるブラックの状態ですから闇金以外からの借入は出来ないのですが、クレジットカードのショッピング枠は残っている(ショッピング枠はカード会社が定期見直しをあんまりしないのでブラックでも消えない)だけで審査不要でお金を手にできるのはレボリューションと呼ぶに相応しいです。

更に審査が要らないという事は、クレジットカードで商品を買ったら直ぐに振り込んでもらえる点です。ネットバンクの口座を持っていますので、業者からの振込は24時間365日行う事が出来ます。盆暮れ正月だろうがクリスマスだろうが、深夜2時だろうが関係ないのはレボリューションと言わざるえません。

次いで短所を考えてみたのですが、これが全く無いんです。コストが高いって言う人が偶に居ますが、私の場合リボ払いでゆっくり返すのでシミュレータではじき出した見た目コストは消費者金融から借りるのと同じ位になります。詐欺会社は多いのかもしれませんが、詐欺会社は明らかに詐欺会社と見分けも簡単につきますし、総合的には短所が無いのがクレジットカード現金化です。

このクレジットカード現金化は正にレボリューション的借入方法です。なぜこんな長所ばかりあって、短所の無いパーフェクトな借入方法を知らなかったのか、今思うと悔やまれるばかりです。皆さんも機会がありましたら、レボリューション的なクレジットカード現金化を是非利用してみて下さい。

今一番熱いクレジットカード現金化の方法とは?

誰でも簡単に現金を手に入れる方法として今一番熱い!と噂のクレジットカード現金化ですが大きく3つのやり方があります。

個人で現金化

業者を挟まず自分で現金化する方法です。金券ショップで回数券や商品券を交換し現金を受け取る、流行の物を自分で目利きしオークションなどで転売するといったやり方が多く業者を挟まない分手数料などが引かれないのが魅力ですね。しかし換金性の高い商品を頻繁にもしくは大量に購入しているとカード会社に怪しまれ、購入時に連絡が入って色々と聞かれる場合がある他に手間がかかっている割りにお金にならなかったという声もよく聞かれます。

キャッシュバック方式

業者に現金化を委託する方法です。業者の指定する商品の購入後にキャッシュバックとして自身の口座に現金が振り込まれるので通常のショッピングとほとんど変わりありません。請求は業者からでなくいつも通りクレジット会社から他のショッピングと一緒にされるため現金化が他の人にばれる心配はありません。

買い戻し方式

業者の指定する商品を購入しそれを業者が買い戻す方式です。例えば業者が指定する指輪を購入したとします。購入後に業者がその指輪の買い取りを行い、利用者の口座に現金が振り込まれる仕組みになります。

現金化業者を利用するメリットとして多少手数料を取られるが安全に素早く現金が入る点などが挙げられ、個人か業者に任せるかは自由ですが総合的に考えると現金化業者の方がメリットが大きいです。また買取式かキャッシュバック式かで迷ったら時間があって一括払いが可能な場合は買取式、時間が無く一括払いも無理な場合はキャッシュバック式と使い分けると良いでしょう。

今一番熱いと感じるクレジットカード現金化のコメント

義和さん
21歳の大学生です。親から仕送りをしてもらって生活費に充てていますが、無駄使いをして足りなくなってしまいました。親に連絡することもできないので、クレジットカードの現金化を利用しました。クレジットカードの現金化なら学生でも関係なく利用できるのでありがたかったです。

育恵さん
45歳の女性です。子供はいなくて主人と田舎でパートをしながら細々と暮らしています。田舎はパートの賃金が安くて、毎月決まった曜日に仕事がある訳ではありません。収入が少ない時は家にある物を売ってどうにかしていたのですが、それでも足りなくなったのでクレジットカードの現金化を利用しました。これなら収入が少ない時でも安心です。

雄哉さん
32歳でプログラマーとして働いています。うちの会社は給料が安い上に、ボーナスも雀の涙しかありません。年末が近くになると、忘年会などがあるのでかなり稼ぐことができるのですが、その他の期間はバイトに入る時間が少ないです。バイト代が足りない時はどうしようもないので、クレジットカードの現金化を利用しました。キャッシングよりもこっちの方が自分には合っていると思います。

クレジットカード現金化の安全な業者を選ぶ方法!おすすめ口コミランキング

サイトマップ

△PAGE TOP